The Olympics will be held in Tokyo in 2020.The Internet multilingual broadcasting station SakuraTV2020will webcast news and videos about Tokyo,Kyoto,and various places in Japan for foreign tourists.Our global release date will be on 24th July,2019.The management organization is Masaki Eizo Foundation.KyotoUniversity of ForeignStudies is providing our organization help with our translations,and a Japanese pop group `8Princess will be helping with our reports about Japan.SakuraTVis a multilingual broadcasting station to reort all the beauties of Japan to foreign tourists.We will air in Japanese,English,Chinese,French,German,Spanish,Arabic,Portuguese,Italian,Korean soon.

2020年に東京オリンピック・パラリンピックを控えて、私達、インターネット多言語放送局『sakuraTV』は訪日外国人の為の東京・京都そして日本各地の映像情報やニュースを提供致します。開局期間はオリンピック開催日時の一年前から国内外に発信を開始。主体となる運営者は一般財団法人真咲映像財団とし、多言語の翻訳ノウハウ提供として京都外国語大学が全面サポート。また、レポーターとして東京都八王子の地域アイドル8princessがレポートや番組のジングルを担当してくれます。訪日外国人に私達の国の魅力を伝えて行く多言語ステーションなのです。日本語 英語 フランス語 ドイツ語 中国語 スペイン語 アラビア語 イタリア語 韓国語 ポルトガル語の10言語(想定) の番組を制作配信致します。

More Japanese municipalities registering as host towns for 2020 Olympics

An increasing number of municipalities are registering with the central government to serve as host towns for the 2020 Olympic and Paralympic Games in Tokyo.The host town program is aimed at creating nationwide support for the events and revitalizing areas by arranging cultural, athletic and other exchanges between residents and athletes from some 200 countries and areas.

 

To become host towns, municipal governments must submit plans to accept athletes and coaches to the central government for screening. Registered host towns are eligible for state support to cover some of the related costs.Localities need to focus on one country or area and are allowed to work out such plans jointly. A total of 250 plans have so far been registered with the central government from 320 governments wishing to raise international recognition of their cultural, dietary and other specialties.

 

With about two years to go before the quadrennial sporting extravaganza, some have already hosted pre-Olympic training camps.In Murayama, Yamagata Prefecture, for example, a Bulgarian team of rhythmic gymnasts held a two-week training camp in June following one last year.At the camp, athletes attended a rice cake-making event and an exchange program involving local children. They also gave a public workout. Many of the gymnasts conveyed their experiences in Murayama on social networking sites, while Murayama citizens established a fan club to support the team.

 

Exchanges with the Bulgarian team serve as “good opportunities to make Murayama known widely,” a municipal official said.The village of Mishima, Kagoshima Prefecture, consisting of three remote islands with a small population of about 370, decided to host Guinea following an exchange between villagers and players of a traditional drum called the djembe. The village plans to invite the Guinean delegation to visit after the Olympics.

 

Hachimantai in Iwate Prefecture is preparing for registration to welcome Rwanda, after exchanges with the East African country related to the production of gentian, a speciality of the Japanese city.

During the 2002 FIFA World Cup soccer finals cohosted by Japan and South Korea, the village of Nakatsue, Oita Prefecture, drew strong attention because of warm exchanges between villagers and the Cameroonian soccer team, which camped there for training. Similar outcomes are expected in small towns and villages during the 2020 Games.An official of the Cabinet Secretariat called for more municipalities to link up with foreign countries and serve as host towns.With 107 countries and areas yet to find hosts in Japan, the central government will continue to seek registrations until just before the 2020 Games open, according to officials.

 

東京の2020年のオリンピックおよびパラリンピックの開催地として、政府に登録する市町村が増えています。

 開催地プログラムは、約200の国や地域からの住民とスポーツ選手の間の文化的、運動的およびその他の交流を手配することにより、イベントと活力のある地域を全国的に支援することを目的としています。地方自治体は、ホストタウンになるためには選手とコーチを受け入れる計画を審査のために中央政府に提出しなければならない。登録されたホストタウンは、関連コストの一部をカバーする州の支援の対象となります。地域は、ある国または地域に焦点を当てる必要があり、そのような計画を共同で実行することは許可されています。文化、食糧、その他の専門分野の国際的認知度を高めたいと考えている320の政府から、250の計画が中央政府に登録されている。四年連続のスポーツの催し物の前に行く約2年のうちに、いくつかはすでにオリンピック前のトレーニングキャンプを主催しています。例えば、山形県の村山では、ブルガリア人の体操選手チームが昨年1月に続いて6月に2週間のトレーニングキャンプを開催した。キャンプでは、選手たちは餅作りイベントや地元の子どもたちの交流プログラムに参加しました。彼らはまた公的な運動をしました。体育館の多くはソーシャルネットワーキングサイトで村山での経験を伝え、村山市民はチームをサポートするファンクラブを設立しました。ブルガリアのチームとの交流は、「村山を広範に知らせる良い機会」となっているという。370人の少人数の3つの遠隔島からなる鹿児島県三島の村は、村人とジャンベと呼ばれる伝統的なドラムの演奏家との交流の後、ギニアを迎えることに決めました。村は、オリンピックの後にギニア代表団に訪問することを計画している。岩手県の八幡平は、ルワンダを歓迎するための準備を進めており、日本の都市の特産品であるイチョウの生産に関する東アフリカ諸国との交流の後、日本と韓国が共催した2002FIFAワールドカップサッカーの試合では、村人とカメルーンのサッカーチームとの交流のために、大分県中津江の村が注目を集めました。同様の結果は、2020年のゲーム中の小さな町や村でも期待されています。内閣官房の関係者は、より多くの自治体が外国と連携し、ホストタウンとしての役割を果たすよう呼びかけた。107の国と地域ではまだ日本をホストしていないが、中央政府は2020年の開幕直前まで登録を続けるだろうという。

Guinness World Records celebrates new achievements in latest edition, including those of 83-year-old Japanese DJ An 83-year-old Japanese disc jockey, an elderly flying trapeze artist, the owner of the world's fastest jet-propelled go-kart and a dog named Feather with a flair for jumping are among the record-breaking stars to win a place in the latest edition of Guinness World 

September 11, 2001

8:46 a.m. ET - American Airlines Flight 11 (traveling from Boston to Los Angeles) strikes the north tower of the World Trade Center in New York City.

9:03 a.m. ET - United Airlines Flight 175 (traveling from Boston to Los Angeles) strikes the south tower of the World Trade Center in New York City.

9:37 a.m. ET - American Airlines Flight 77 (traveling from Dulles, Virginia, to Los Angeles) strikes the Pentagon Building in Washington.

9:59 a.m. ET - South tower of WTC collapses in approximately 10 seconds.

10:03 a.m. ET - United Airlines Flight 93 (traveling from Newark, New Jersey, to San Francisco) crashes in a field near Shanksville, Pennsylvania.

 10:28 a.m. ET - North tower of WTC collapses. The time between the first attack and the collapse of both World Trade Center towers is 102 minutes.



SAKURATV image character ★★8princess★★

channel  1

channel  4

channel  7

channel  2

channel  5

channel  8

channel  3

channel  6

channel  9


首都・東京 永遠の都・京都から日本の情報を放送配信いたします

TOKYO2020応援PROGRAM 多言語インターネット世界放送局SAKURATVは公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会さまから認可を頂いてオリパラを非営利で応援するプログラムなのです。私達は事業番号:Z0291801  事業名:多言語ボランティア・インターネット世界放送局 SAKURATVとして活動する準備を現在行っております。スタッフもボランティアベースで参加したい方と話し合いの後にお願いしております。私共のやる事は、8言語を使った多言語インターネット放送局の運営となります。御支援頂きますのは学校法人京都外国語大学さま 八王子の地域アイドル8Princessの皆さま 更にはBGMの楽曲提供を頂きます株式会社株式会社ナッシュスタジオさま 更に現在、様々な御支援企業とのお話も進めております。これらのスタッフで映像番組と音声番組を世界配信いたします。

 

視聴対象は、訪日外国人の皆さんと国内外の皆さん。主力9番組を中心とした編成。

①京都外国語大学と提携する多言語・SAKURA-NEWS
②八王子地域アイドル8princess 東京・口コミ・トレンド・ウォッチング
③東京映像風物詩 東京百景
④日本映像風物詩 日本紀行
⑤日本観光動画集 日本道標(にほんみちしるべ)
⑥日本見えるラジオ館 SAKURA-Radio

⑦日本の音楽家たち

⑧投稿動画

⑨メッセージ

 

この主力9番組とインターネットラジオ配信も計画しています。色んなジャンルへ参加したいと言う方(ボランティア)は早めにお申し出くださいね。そして2020が終わってからのレガシーとしても、SAKURATVを継続拡大させてゆくと言う方針で計画いたしております。是非このプロジェクトに参加ください。御相談納得の上、参加をお願い致します。このプログラムで放送制作の基礎やスキルも学べる育成としても進めております。メールにてお問い合わせください。

SAKURATVプロジェクトスタッフ係り sakuratv@theia.ocn.ne.jp こちらまで写真と経歴を添付の上お送りください。