平成に代わる新しい元号について、政府は1日の臨時閣議で「令和(れいわ)」とすることを決め、菅官房長官が発表しました。また、「令和」の典拠、いわゆる出典は日本最古の歌集である万葉集であると発表しました。元号は、皇太子さまが天皇に即位される来月1日に「令和」に改められます。政府は1日午前、総理大臣官邸で、各界の代表や有識者からなる「元号に関する懇談会」を開き、新しい元号の複数の原案を示し意見を聞くなどしたうえで、臨時閣議で新しい元号を「令和」とすることを決定し、菅官房長官が午前11時半すぎからの記者会見で発表しました。この中で、菅官房長官は「さきほど閣議で元号を改める政令、および、元号の呼び方が閣議決定された。新しい元号は令和であります」と述べ、書を掲げて、平成に代わる新しい元号を「令和」に決定したと発表しました。そのうえで、「令和」の典拠、いわゆる出典について「『令和』は『万葉集』の梅花の歌、三十二首の序文にある『初春の令月(れいげつ)にして、気淑く(きよ)風和らぎ(やわらぎ)、梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披き(ひらき)、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす』から引用したものだ」と述べました。

オリパラ速報

 

JAL(日本航空)は48日、東京2020オリンピック・パラリンピックに向け、オフィシャルエアラインパートナーとして機運を高めるべく、特別塗装機「みんなのJAL2020ジェット」を就航します。


日本航空は1日、羽田空港で入社式を開催しました。グループ会社と合わせ、新入社員約1960人が参加。例年通り、航空機がある格納庫が会場。プロフィギュアスケーターの浅田真央さんがサプライズで登場。新元号が「令和」に決まったとスクリーンに表示されると、浅田さんは「私も皆さんも平成生まれ。新たな時代が始まるので、新たな気持ちで頑張りたい」と話されました。それぞれに羽ばたく姿を想像しながら、紙ヒコーキが空に舞いました



京都外国語大学プレスリリース 画面クリック





富山県の魚津市は、おっきい街やないけど、自然に囲まれとる街。東京で魚津を楽しめる場所が「うおづや」です。うおづやの2周年記念イベントとして、物産展、ぶりの解体ショーなどが行われていました。『うおづや』で使用する食材は、ほとんどが魚津から直送!使用する食器は魚津の陶芸家が作製。テーブルの天板には魚津の間伐材を使用。店舗ロゴや箸袋などお店全体のデザインは魚津出身のアートディレクター 浜辺明弘氏が制作するなど、とにかく“魚津”にこだわったお店です。